第3回ごぼう茶焙煎会議(深川珈琲xあじかん)

20111022

第3回ごぼう茶焙煎会議があじかん研究開発センターで行われまたまたお邪魔しました。

参加者 深川珈琲深川社長 あじかん生産森野課長 あじかん研究部原様 以上3名

ごぼう茶焙煎会議

いつものようにごぼう茶の焙煎具合3パタ-ンで官能評価をしました。

ごぼう珈琲

おっと?これは何? 深川珈琲様「これはバードックコーヒーです。」バードック?バードックとは英語で日本語に訳すと

ごぼうという意味だそうです。一見、かなり濃く苦そうと思いきやすごくコクがありまろやかでした。

さらにミルクを入れるとそれはまさに高級カフェで飲むような味、正直感動しました。まろやかさにさらに磨きが

かかりごぼうの風味もして完全にこのごぼう茶はお茶ではないな?と感じました。

深川珈琲さんにどうやって作るのですか?と尋ねると「あじかんさんに聞いてください」

あじかん原さんは「ここからは企業ひみつです」と軽くあしらわれました。非常に知りたい。でも諦めました。

その後、30分間部屋から退出して欲しいと言われました。この後、恐らく商品化の話がでたのかな?

どちらにしても深川珈琲さん監修のバードックコーヒー?は南雲先生の言うブルーマウンテンにも

負けないごぼうコーヒーだと思います。商品化が楽しみです。

深川社長 森野課長 原さんまたお邪魔させてください。

 

 

ごぼう花言葉

「いじめないで」

これは、ごぼうの花言葉なんです。
3月29日の誕生花です。

ごぼうにも花が咲きます。
その花は、とげとげしていて赤紫のかわいい花が咲くそうですよ。


ごぼうの花

通常、ごぼうは花が咲く前に収穫します。
だから、花を見ることはほとんどありません。
花をつけるようになると、根は木のように固くなってしまいます。
でも、こんなにきれいな花が咲くなんて意外ですね。


これは、山崎農園のごぼう畑です。
ごぼう畑にひょっこりと背の高いごぼうができていると、それは花をつけるそうです。
そのごぼうは、食べることができないため、通常は抜いてしまいます。
花が出来ないように栽培するノウハウもあるそうです。
野菜の栽培は、奥が深いですね。
いよいよ今月末から、ごぼうの収穫が始まります!
これからが、ごぼうのおいしい季節ですよイヒヒ

日本名:牛蒡(ごぼう)
英語 :burdock(バードック)
学名 :Arctium lappa
生薬名:牛蒡子(ごぼうの種)

Tweet

 

10月15日(土)ごぼう天国会員原田教授所属水産大学校 下関フードテクノフェスタ開催

今週の週末は、下関フードテクノフェスタが開催されます。
日時 10/15 10:00
場所 水産大学校

山崎農園あじかん焙煎ごぼう茶も出展します。
ごぼうの抗酸化活性について共同研究していただいている水産大学校の原田先生の誘いで出展が決まったそうです。
水産加工品ばかりで、喉が渇くからごぼう茶はちょうどいいですし・・・。

JR山陰本線 吉見駅から送迎バスもありますよ。
歩いても15分くらいです。
ぜひお待ちしてます。